• 国宝
  • 鎌倉時代

つだながみつ(つだとおとうみながみつ)

津田長光

津田長光

太刀は、鎌倉時代の中期に備前国(現在の岡山県)で活躍した、長船派(おさふねは)の刀工「長光」(ながみつ)の手による作品。本太刀の号「津田遠江長光」は、1582年(天正10年)の「本能寺の変」にて、「明智光秀」が「織田信長」を討った際、明智光秀が安土城から本太刀を持ち出し、家臣「津田遠江守重久」(つだとおとうみのかみしげひさ)に与えたことが由来となっています。

山崎の戦い」ののち、津田遠江守重久が前田家へ仕官し、本太刀を献上。その後、前田家から徳川家に渡ると、本太刀は尾張徳川家に代々伝来し、現在は愛知県の「徳川美術館」が所蔵しています。本太刀の作者・長光は、長船派の祖と呼ばれる「光忠」(みつただ)の子で、現存する在刀剣が多い刀工のひとり。また、「景光」(かげみつ)、「真長」(さねなが)と共に、長船三作(おさふねさんさく)に数えられます。

長光の作風は、反り高く踏張り(ふんばり)ごころ鎬筋(しのぎすじ)が高く、鋒/切先(きっさき)が猪首鋒/猪首切先(いくびきっさき)となった、堂々とした太刀姿が特徴。刃文(はもん)は互の目(ぐのめ)交じりで、大丁子(おおちょうじ)乱れなど、華やかな作風です。

本太刀は、鎬造り(しのぎづくり)の猪首鋒/猪首切先で、反り姿優美で踏張りが強く、鍛えは小板目肌(こいためはだ)がよく詰み淡く乱映りが立ちます。刃文は、丁子に蛙小丁子(かわずこちょうじ)が交じり、匂口(においぐち:刃文の境界線)もえ、華やか。帽子は小模様に乱れ込んでおり、「三作帽子」(さんさくぼうし)とも呼ばれている、長光の特徴がよく表われています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
長光
刀工 刀工
長光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
織田信長 →
津田重久 →
前田家 →
徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
71.2
反り 反り
(cm)
2.3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「津田長光」の詳細ページです。
「津田長光」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「津田長光」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード