• 国宝
  • 鎌倉時代

にっこうすけざね

日光助真

日光助真

「日光助真」は、1609年(慶長14年)、「徳川家康」の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)が、「加藤清正」の娘である「八十姫」(やそひめ)と婚約した際に、加藤清正から徳川家康へと献上された太刀です。

その後、本太刀は徳川家康の愛刀となり、その没後には、徳川家康を祭神として祀る「日光東照宮」(現在の栃木県日光市)に納められました。

本太刀を制作した「助真」は、備前国(現在の岡山県東南部)の「福岡一文字派」に属し、鎌倉時代に活躍した名工。鎌倉幕府の7代将軍「惟康親王」(これやすしんのう)の招きによって鎌倉へ下向したことから、「鎌倉一文字」の異名を取っています。

本太刀は、表の刃文が高低差のある「大丁子乱」(だいちょうじみだれ)、裏側は、高低差があまり見られない大丁子乱であることが特徴。最も華麗な丁子乱を焼くことで名高い助真の作風をよく示している1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
助真
刀工 刀工
助真
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
加藤清正 →
徳川家康 →
日光東照宮
展示場所 展示場所
日光東照宮
長さ 長さ
(cm)
71.2
反り 反り
(cm)
2.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「日光助真」の詳細ページです。
「日光助真」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「日光助真」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード