• 国宝
  • 平安時代

さねつね

太刀 銘 真恒

太刀 銘 真恒

太刀は、平安時代末期~鎌倉時代初期に備前国(現在の岡山県東部)で活動した刀工「真恒」が作刀した国宝の太刀です。

1616年(元和2年)4月に逝去した「徳川家康」の遺命により、翌年の1617年(元和3年)に静岡県静岡市「久能山東照宮」(当時の名称は久能山東照社)の社殿が造営され、同年の12月に徳川家康の跡を継いだ2代将軍「徳川秀忠」から寄進されました。現在でも「久能山東照宮博物館」の企画展や特別展の際に、美しい姿を観ることができます。

本太刀は真恒の代表作として、長大さ、健全さに優れた傑作品。作刀者の真恒は、古備前「正恒派」の名工ですが、現存数が少ないため、本太刀はとても希少価値が高く、また久能山東照宮博物館で所蔵する刀剣の中でも屈指の名刀と評価されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
真恒
刀工 刀工
真恒
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川秀忠→
久能山東照宮
展示場所 展示場所
久能山東照宮
長さ 長さ
(cm)
89.4
反り 反り
(cm)
3.9

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)」から「太刀 銘 真恒」の詳細ページです。
「太刀 銘 真恒」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 真恒」の姿を、「刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード