• 国宝
  • 平安時代

まさつね(とくがわけでんらい)

太刀 銘 正恒(徳川家伝来)

太刀 銘 正恒(徳川家伝来)

太刀(たち)は、12世紀の平安時代後期に備前国(現在の岡山県東部)で活動した刀工「正恒」(まさつね)が作刀した国宝の太刀です。

正恒は、平安時代後期の古備前を代表する名工ですが、正恒のある現存太刀には鎌倉時代初期と思われる作品も少なくありません。そのため、現在では正恒と称した刀工が数人存在したのではないかと推測されています。本太刀は刃長72.0cm、中心長14.5cm、腰反りが高くて踏張りが強いのが特徴。古雅の風が感じられて大変に美しいと高い評価を得ています。

備前の刀剣作りの特徴は、丁子文(ちょうじもん)を主体とした華やかな乱れ刃ですが、本太刀にはまだその作風は表われておらず、優美さが光っているのが特徴です。

本太刀は、1745年(延享2年)「享保の改革」(きょうほうのかいかく)などを実施した8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)が将軍職を退く際に、尾張徳川家9代藩主の「徳川宗睦」(とくがわむねちか)に授けたという歴史を持つ太刀です。現在は、尾張徳川家の遺品などを集めた愛知県名古屋市東区徳川美術館」で保管され、「徳川黎明会」が所蔵しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
正恒
刀工 刀工
正恒
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川吉宗→
徳川宗睦 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
72
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「太刀 銘 正恒(徳川家伝来)」の詳細ページです。
「太刀 銘 正恒(徳川家伝来)」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 正恒(徳川家伝来)」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード