• 重要文化財
  • 鎌倉時代

みだれみつかね

乱光包

乱光包

「乱光包」は当初、「徳川家康」や「福島正則」(ふくしままさのり)、そして「前田利長」(まえだとしなが)らに、それぞれの重臣として仕えていた「本多政重」(ほんだまさしげ)が所有していました。その後、「加賀藩」(現在の石川県金沢市)の2代藩主「前田利常」(まえだとしつね)に献上され、「前田家」に伝来。そして5代将軍「徳川綱吉」の養女「松姫」(まつひめ)が、同藩5代藩主の「前田吉徳」(まえだよしのり)へ輿入れする時に、その父であった「前田綱紀」(まえだつなのり)より、「徳川将軍家」に贈られています。

短刀は、山城国(現在の京都府南部)において、鎌倉時代中期頃からその隆盛を極めた「来派」(らいは)の刀工、「来国俊」(らいくにとし)の門弟「中堂来光包」(ちゅうどうらいみつかね)が手掛けた1振。

中堂来光包は、近江国(現在の滋賀県)で作刀していたことで知られていますが、「備前長船長光」(びぜんおさふねながみつ)の門人であったとも伝わることから、本短刀は、同工が備前国(現在の岡山県東南部)に住んでいた頃に、制作されたと推測されている作品です。

中堂来光包の作刀は、その多くが「直刃」(すぐは)の刃文を焼いていますが、本短刀においては、「乱刃」(みだれば)を基調としているため、「乱光包」の号が付けられたと考えられています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
光包
刀工 刀工
光包
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多政重 →
前田利常 →
徳川将軍家 →
大久保一翁 →
刀剣博物館
展示場所 展示場所
刀剣博物館
長さ 長さ
(cm)
29.2
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「乱光包」の詳細ページです。
「乱光包」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「乱光包」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード