• 未鑑定
  • 鎌倉時代

こうずけさだむね

上野貞宗

上野貞宗

「上野貞宗」は、「宇都宮城」(栃木県宇都宮市)城主である「本多上野介正純」(ほんだこうずけのすけまさずみ)が所持していたことから、上野貞宗と呼ばれることになりました。

本多上野介正純は、若い頃から「徳川家康」に仕え、「関ヶ原の戦い」のあとには、徳川家康の命を受けて「石田三成」(いしだみつなり)の身柄を預かるなどしています。 しかし、1622年(元和8年)、2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)を、宿泊する予定であった宇都宮城で暗殺する計画を企てたという嫌疑をかけられ、本多家は改易(かいえき:身分と領地や屋敷を取り上げること)、本多上野介正純は流罪となり、上野貞宗も没収。

その後の1639年(寛永16年)、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の息女「千代姫」(ちよひめ)が尾張徳川家の世子である「徳川光友」(とくがわみつとも)に嫁ぐ際に、上野貞宗は、徳川光友の父「徳川義直」(とくがわよしなお)へ引き出物として下賜されました。

以来、尾張徳川家に伝来。14代藩主「徳川慶勝」(とくがわよしかつ)は、上野貞宗に海老巻(えびさやまき)の(こしらえ)を付けて差料(さしりょう:自分が差すための日本刀[刀剣])としています。 現在は徳川黎明会が所有しており、名古屋市の「徳川美術館」に収蔵中。

上野貞宗は、相州伝を代表する刀工「相州貞宗」(そうしゅうさだむね)が制作した短刀で、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に所載されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
-
刀工 刀工
貞宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多上野介正純 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
28.8
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「上野貞宗」の詳細ページです。
「上野貞宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「上野貞宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード