• 未鑑定
  • 南北朝時代

よしみさもんじ

吉見左文字

吉見左文字

「吉見左文字」はもともと、石見国の「津和野城」(現在の島根県津和野町:別称「三本松城」)の城主であった「吉見正頼」(よしみまさより)が、所持していたとされる刀剣です。 吉見正頼は当初、周防国(現在の山口県南東部)の「大内義隆」(おおうちよしたか)に仕えていました。しかし、大内義隆が自身の重臣だった「陶晴賢」(すえはるかた/すえたかふさ)によって討たれると、安芸国(現在の広島県西部)の国人領主であった「毛利家」の12代当主「毛利元就」(もうりもとなり)に付き従っています。

このような経緯から、毛利元就の孫にあたる「毛利輝元」(もうりてるもと)が同家の家督を相続した頃に、吉見正頼から献上されたと伝えられているのです。その後、毛利輝元が主君「徳川家康」に差し出し、徳川家康が亡くなったあと、その遺品として、「尾張徳川家」の始祖である「徳川義直」(とくがわよしなお)の手に渡りました。

本刀を手掛けた「左文字」(さもんじ)は、南北朝時代に筑前国(現在の福岡県西部)で活躍した名工です。本刀は、磨上げられたため無銘でしたが、1566年(永禄9年)、吉見正頼の依頼により、その表側には「左文字 吉見正頼研上之」、裏側には「永禄九年八月吉日」というが施されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
左文字 吉見正頼研上之/永禄九年八月吉日
刀工 刀工
左安吉
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(筑前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
吉見正頼 →
毛利輝元 →
徳川家康 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
66.4
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「吉見左文字」の詳細ページです。
「吉見左文字」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「吉見左文字」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード