• 重要文化財
  • 鎌倉時代

いけださだむね

短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)

短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)

短刀 無銘 貞宗」(名物:池田貞宗)は、「池田輝政」(いけだてるまさ)が所有していたことにちなんで名付けられた1振です。

池田輝政は、安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した武将。大垣城(現在の岐阜県)の城主で、「織田信長」、「豊臣秀吉」に仕え、1600年(慶長5年)「関ヶ原の戦い」では「徳川家康」側に付き、岐阜城を攻略。姫路藩初代藩主となり、姫路城を築きました。

「短刀 無名 貞宗」(名物:池田貞宗)を、もともと所持していたのは、武将ではなく京の商人「蓮池常知」(はすいけじょうち)。刀剣鑑定家「本阿弥光二」(ほんあみこうじ)が間に入り、「細川藤孝」(ほそかわふじたか:別名は幽斎)が買い求め、嫡男「細川忠興」(ほそかわただおき)、その子「細川立孝」(ほそかわたつたか)へと伝わりました。

これを池田輝政が、小判100枚(約1,200万円)で細川家から譲り受けたと言われています。池田輝政は、この刀を「幽玄貞宗」とも呼び大切にしていましたが、江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」に献上。徳川秀忠は金沢藩主「前田利常」に下賜し、前田家において重宝となりました。

本短刀は、地鉄(じがね)は小板目肌よく詰み、僅かに地景入り地沸よく付き、刃文は小湾れ(このたれ)に互の目(ぐのめ)交じり、小入り、小付き、細かに砂流し金筋かかる逸品。制作したのは、鎌倉時代末期に活躍した刀工「貞宗」です。貞宗は、相州伝を完成させた「五郎入道正宗」の実子または養子と言われる継承者。作風は穏やかで、在銘作は太刀、短刀共に1点も存在しないのが特徴です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
無銘
刀工 刀工
貞宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
細川藤孝→
池田輝政→
徳川秀忠→
前田利常
展示場所 展示場所
不明
長さ 長さ
(cm)
30.9
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)」の詳細ページです。
「短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「短刀 無銘 貞宗(名物:池田貞宗)」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード