• 国宝
  • 鎌倉時代

のりふさ

太刀 銘 則房

太刀 銘 則房

太刀は、鎌倉時代中期に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した「片山一文字」派の刀工「則房」(のりふさ)が作刀した太刀です。磨上げられていますが、一文字派最盛期の華麗で豪壮な作風が非常によく表われた大作として評価が高く、現存する則房の作品のなかでも地刃健全の傑作とされ、代々徳川将軍家に伝来してきました。

制作者である則房は、刀剣制作の最も華やかな時代である鎌倉時代中期の一文字派を代表する刀工です。備前国・福岡より片山に移住して作刀したことから、「片山一文字」と呼ばれるようになりました。

則房の特徴として挙げられるのは、地肌が明るく冴え地沸がよく付き、地映りがあり、則房と並んで3大名工と言われる「助真」(すけざね)や「吉房」(よしふさ)の作風と比べると、乱れが小模様であり、刃中のが細かく、乱れが逆ごころを帯びる点。

本太刀は、焼きの高さや丁子(ちょうじ)の房の大きさ、華やかに乱れている作風と状態の健全さから、則房の最高傑作との呼び声が高く、則房の在品の内、唯一国宝の指定を受けており、現在は広島県福山市の「ふくやま美術館」が所蔵しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
則房
刀工 刀工
則房
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川将軍家 →
ふくやま美術館
展示場所 展示場所
ふくやま美術館
長さ 長さ
(cm)
77.4
反り 反り
(cm)
3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「太刀 銘 則房」の詳細ページです。
「太刀 銘 則房」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 則房」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード