• 未鑑定
  • 鎌倉時代

ごとうまさむね

後藤正宗

後藤正宗

「後藤正宗」は、江戸幕府の御金改役(ごきんあらためやく)だった「後藤光次」(ごとうみつつぐ)が所持していたとされる日本刀。後藤光次は、「後藤庄三郎」(ごとうしょうざぶろう)という名前でも知られ、金貨の鋳造などに従事し、江戸幕府による貨幣制度の創立にも大きな役割を果たしたとされる人物です。

この日本刀は「正宗」と呼ばれていますが、当初は大磨上げされた無銘の作でした。そこで日本刀鑑定家「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)に依頼。その結果、相模国(現在の神奈川県)正宗作であると認められ「本阿弥光徳(押花)」、「正宗磨上」と金象嵌を刻んだことがはじまりです。

そののち後藤光次へと売却しています。そして、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」のあと、後藤光次は2代将軍「徳川秀忠」へと後藤正宗が献上。理由としては、「関ヶ原の戦い」の戦勝祝いであったと考えられます。

1632年(寛永9年)に徳川秀忠が亡くなると、形見分けとして加賀藩2代藩主「前田利常」(まえだとしつね)へ下賜。これ以降、後藤正宗は前田家に伝わる日本刀となりました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
無銘
刀工 刀工
正宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本阿弥光徳 →
後藤庄三郎 →
徳川秀忠 →
前田家
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
66.8
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「後藤正宗」の詳細ページです。
「後藤正宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「後藤正宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード