• 未鑑定
  • 南北朝時代

きたのごう

北野江

北野江

「北野江」は、刀剣鑑定家として知られる「本阿弥光悦」(ほんあみこうえつ)の養子「本阿弥光嵯」(ほんあみこうさ)が、大坂(現在の大阪府)の堺で買い求めたとされる打刀。2尺3寸2分(約70㎝)の刃長とされているものの、本阿弥一族の「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)が短く磨上げたと言われることから、もともとはより長かったと推測されます。

本阿弥光嵯が買い求めてきた打刀でありながら、本阿弥光徳の手によって磨上げられたため、「江磨上 光徳(花押)」(ごうすりあげ こうとく)の金象嵌銘が入っているのが特徴です。

1614年(慶長19年)、加賀藩(現在の石川県富山県)の藩主「前田利長」(まえだとしなが)の死去を受けて、弟の「前田利常」(まえだとしつね)が家督相続を報告するために江戸へ赴きますが、その途中に本阿弥光嵯から北野江を買い求めたと伝わっています。

前田利常は、のちに京で「北野天満宮」を参詣した際、ここで試し斬りをしたことから北野江と呼ばれるようになりました。

江戸時代は常に加賀藩・前田家のもとにあり、重宝として代々藩主へと伝えられてきた北野江ですが、明治維新後は前田家から明治天皇へ献上されます。 そのため国が保有するところとなり、現在も「東京国立博物館」に所蔵されている貴重な日本刀(刀剣)です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
金象嵌銘
江磨上 光徳(花押)
刀工 刀工
義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
前田利常 →
前田家 →
明治天皇
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
69.8
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「北野江」の詳細ページです。
「北野江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「北野江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード