• 国宝
  • 鎌倉時代 末期

くきまさむね

九鬼正宗

九鬼正宗

短刀「九鬼正宗」は、志摩国(現在の三重県東部)の「鳥羽城」(三重県鳥羽市)城主であった「九鬼守隆」(くきもりたか)が所持した歴史を持つことから、九鬼正宗と呼ばれるようになりました。

九鬼守隆の父親は、「織田信長」に仕えた「九鬼嘉隆」(くきよしたか)です。 「関ヶ原の戦い」では「石田三成」(いしだみつなり)率いる西軍に父親である九鬼嘉隆が付いた一方で、子である九鬼守隆は「徳川家康」が率いた東軍に従うという数奇な運命によって、親子別れをしました。

のちに、九鬼正宗は九鬼守隆から徳川家康へと献上されることとなります。 徳川家康の死後は形見分けとして、紀伊徳川家の「徳川頼宜」(とくがわよりのぶ)へと継承。さらに徳川頼宜の子であり、伊予国(現在の愛媛県西条藩主となった「松平頼純」(まつだいらよりずみ)へと受け継がれていきます。

西条藩主松平家では九鬼正宗を非常に珍重しており、松平家の重宝として大切にされてきました。 現在は岡山の実業家として名を馳せた「林原一郎」(はやしばらいちろう)氏のコレクションを集めた、岡山県岡山市の「林原美術館」に所蔵されています。

「九鬼正宗」の制作者は、相模国(現在の神奈川県)鎌倉の刀工として著名な「正宗」。鎌倉時代末期に制作された刃長8寸2分(約24.8cm)の短刀で、国宝に指定されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代 末期
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
無銘
刀工 刀工
正宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
九鬼守隆 →
徳川家康 →
徳川頼宜 →
松平頼純
展示場所 展示場所
林原美術館
長さ 長さ
(cm)
24.8
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「九鬼正宗」の詳細ページです。
「九鬼正宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「九鬼正宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード