• 重要文化財
  • 南北朝時代

まついごう

松井江

松井江

「松井江」は、「熊本藩」(現在の熊本県熊本市)の藩主であった「細川家」の家老「松井興長」(まついおきなが)が所持し、「松井家」に伝来した名刀です。

その後、徳川将軍家の手に渡っていますが、その経緯は明らかにはなっていません。そして、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」の長女「鶴姫」(つるひめ)が、「紀州徳川家」の「徳川綱教」(とくがわつなのり)のもとへ嫁ぐ際に、その婿引き出物として本が贈られています。

本刀の制作者である「郷義弘」(ごうのよしひろ)は、南北朝時代に越中国(現在の富山県)の名工で、「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)や、郷義弘の師であった「正宗」と共に、「天下三作」のひとりに数えられているのです。本刀の号である「松井江」は、最初に「細川忠興」(ほそかわただおき)の家臣であった松井興長が所持していたこと、そして郷義弘が、江戸時代以降、「郷」と同じ読みで「江」と称されていたことがその由来になっています。

本刀はもともと、正宗の作刀と同様に、磨上げられてが失われていましたが、刀剣鑑定で著名であった「本阿弥家」12代当主の「本阿弥光常」(ほんあみこうじょう)により、裏側に「義弘」、表側には「本阿」の「花押」(かおう:印章のように図案化された署名の一種)が、朱銘で入れられているのが特徴です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
義弘 本阿(花押)
刀工 刀工
義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
松井家 →
徳川将軍家 →
紀州徳川家 →
佐野美術館
展示場所 展示場所
佐野美術館
長さ 長さ
(cm)
69.4
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「松井江」の詳細ページです。
「松井江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「松井江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード