• 国宝
  • 鎌倉時代

あつとうしろう

厚藤四郎

厚藤四郎

「厚藤四郎」は、元幅(もとはば)という根本部分での幅が他の刀剣と比べるとかなり厚いことからその名前がつきました。鎧通し造(よろしどおしづくり)という形状のため、厚みがある造りとなっています。

伝来は、元々足利将軍家に伝わるものとされていました。室町幕府が滅亡したあとでは、どのような変遷をたどったか不明ですが、大坂の商人が所有していたものを刀剣鑑定家である本阿弥光徳(ほんあみこうとく)が購入したという。その後、一柳直末(ひとつやなぎなおすえ)に譲られ、黒田孝高(くろだただたか)、豊臣秀次の手を経て豊臣秀吉の手に渡ります。

豊臣秀吉の死後は、形見分けにて毛利秀元(もうりひでもと)が拝領したものの、毛利秀元の孫である毛利綱元(もうりつなもと)が将軍である徳川家綱(とくがわいえつな)に献上し、徳川家の所蔵となりました。その後、一橋家(ひとつばしけ)に伝わり、帝室博物館が購入したことで現在に至るという、様々な持ち主のもとを転々とした短刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
吉光
刀工 刀工
粟田口吉光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利将軍家 →
本阿弥光徳 →
一柳直末 →
黒田孝高 →
豊臣秀次 →
豊臣秀吉 →
毛利家 →
徳川家綱 →
一橋家 →
独立行政法人
国立文化財機構
(所蔵は東京国立博物館)
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
21.8
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「厚藤四郎」の詳細ページです。
「厚藤四郎」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「厚藤四郎」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード