• 国宝
  • 鎌倉時代

ひゅうがまさむね

日向正宗

日向正宗

短刀は、もともとは「豊臣秀吉」が所有していた短刀です。そののち、豊臣秀吉の重臣であり、「五奉行」(ごぶぎょう)のひとりであった「石田三成」に下賜されたと伝えられています。さらに本短刀は、その妹婿で「大垣城」(現在の岐阜県大垣市)の城主「福原長堯」(ふくはらながたか)に与えられました。

しかし、「関ヶ原の戦い」のなかで勃発した「大垣城の戦い」において、徳川方の東軍に属していた「水野勝成」(みずのかつなり)が、西軍に付き従っていた福原長堯から奪い取ったとされています。本短刀の号は、水野勝成の官職名が「日向守」(ひゅうがのかみ)であったことが由来。そののち、「紀州徳川家」の始祖である「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)に献上され、同家に伝来することになりました。

本短刀を制作したと鑑せられる「正宗」(まさむね)は、「五箇伝」のひとつである「相州伝」を確立したことで知られる名工です。本短刀においては、地鉄(じがね)が冴えて、地沸(じにえ)が厚く付き、刃中には砂流し(すながし)がかかって金筋が入るなど、覇気に満ちた相州伝における正宗の作風を存分に表わしており、同工作の短刀の中では、随一の出来映えを示すとの評価を受けている名刀です。

なお、本短刀の差表に見られる護摩箸(ごまばし)の彫り物は、刀剣鑑定などを家業としていた「本阿弥家」の9代当主「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)の好みで、あとから加えられたと考えられています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
-
刀工 刀工
正宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀吉 →
石田三成 →
水野勝成 →
紀州徳川家
展示場所 展示場所
三井記念美術館
長さ 長さ
(cm)
24.7
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「日向正宗」の詳細ページです。
「日向正宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「日向正宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード