• 国宝
  • 南北朝時代

とみたごう

富田江

富田江

打刀は、伊勢国(現在の三重県北中部)安野津城城主で、豊臣秀吉の側近であった「富田一白」(とみたいっぱく)が所持していた刀剣。号の由来は、この富田一白が所持したことに因んでいます。本打刀は富田一白から「堀秀政」(ほりひでまさ)が購入したのち、豊臣秀吉に献上。豊臣秀吉の死後、前田利長(まえだとしなが)が拝領し、一度は徳川幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)へ献上されますが、前田家に戻され、以降、前田家に伝来しました。

本打刀は越中国(現在の富山県)で活躍した、「天下三作」のひとりとされる刀工「郷義弘」(ごうのよしひろ)の手によるものです。現存する郷義弘の作中で、出来と健全さから「稲葉江」(いなばごう)と双璧をなし、「天下一の江」と言われるほどの1振。寛永年間(1624~1645年)、「本阿弥光室」(ほんあみこうしつ)は、この富田江を目にした際、「不知代」(代知らず・代は付けがたいほどの作品)として、折紙を付けなかったと言います。

本打刀は鎬造り(しのぎづくり)で、中鋒/中切先(ちゅうきっさき)が少し延びた姿。板目肌(いためはだ)がよくんだ鍛え地沸(じにえ)が厚く付き、地斑(じふ)が交じっています。刃文(はもん)は浅い湾れ(のたれ)に互の目(ぐのめ)が交じり、共に入って、深く金筋(きんすじ)が所々にかかり、豪壮な1振です。前田利長が拝領した頃、約90cmあった刀身(とうしん)を、64.8cmに大磨上を行なったと伝わります。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
郷義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
富田一白 →
豊臣秀吉 →
前田利長 →
徳川秀忠 →
前田家 →
公益財団法人前田育徳会
展示場所 展示場所
秋水美術館
長さ 長さ
(cm)
64.8
反り 反り
(cm)
1.4

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「富田江」の詳細ページです。
「富田江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「富田江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード