• 国宝
  • 鎌倉時代

かんぜまさむね

観世正宗

観世正宗

打刀は、能楽師として知られる観世家に伝来したことから、観世正宗の名が付いた名物です。鎌倉時代末期の作とされ、刀鍛冶は相模国(現在の神奈川県)の「正宗」(まさむね)。約65cmの大磨上無銘刀剣となっています。

観世正宗が、なぜ能楽師である観世家に伝来したのか、詳細は定かではありません。しかし、観世家は室町幕府3代将軍「足利義満」から庇護を受けた、「観阿弥」(かんあみ)、「世阿弥」(ぜあみ)父子の頃から繋がりがありました。そのことから、足利義満より下賜された可能性が高いとされています。

そんな室町幕府の将軍家から、庇護を受けていた観世家ですが、観世宗家7世にあたる「観世宗節」(かんぜそうせつ)は、室町幕府が衰退していくのを感じ取り、「徳川家康」に近付きます。庇護を受ける見返りとして観世宗節は、徳川家康に観世正宗を献上しました。そして観世正宗は、2代将軍「徳川秀忠」の娘「千姫」(せんひめ)が「本多忠刻」(ほんだただとき)のもとへ嫁ぐ際、婚姻引き出物として贈られます。そして本多忠刻が亡くなったのち、遺物として再び徳川将軍家に戻ってきました。

明治維新後に、15代将軍「徳川慶喜」が、皇室の「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)へ献上。現在は国の所有物として、「東京国立博物館」に所蔵されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
正宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
観世左近 →
徳川家康 →
本多忠刻 →
徳川慶喜 →
有栖川宮熾仁親王 →
東京国立博物館
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
64.4
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「観世正宗」の詳細ページです。
「観世正宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「観世正宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード