• 未鑑定
  • 南北朝時代

こてぎりごう

篭手切江

篭手切江

享保名物帳」にも所載された名物で、南北朝時代の刀工で「正宗十哲」に数えられる郷義弘(ごうよしひろ)作の脇差。「篭手を切るほどの鋭い切れ味」だということからこの名が付いたとされますが、はっきりとした由来は伝わっていません。

郷義弘は在の作はなく、刀の特徴や本阿弥家の鑑定によってのみ認定を受けているため、非常に希少性が高いと言われています。この脇差も、本阿弥光温(ほんあみこうおん)によって極められ、表に金象嵌(きんぞうがん)、裏に銀象嵌(ぎんぞうがん)が入れられています。

江戸時代の初めには、徳川3代将軍「徳川家光」の乳母である春日局(かすがのつぼね)の実子・稲葉正勝が所有。その後、熊本藩主細川家に贈られ、また稲葉家に戻ると、明治時代に売りに出されるまで、そのまま稲葉家に重宝として伝わりました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
脇差
銘
金象嵌コテ切義弘
本阿(花押)
銀象嵌稲葉丹後守所持
刀工 刀工
義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
その他(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
細川家 →
稲葉家 →
黒川古文化研究所
展示場所 展示場所
黒川古文化研究所
長さ 長さ
(cm)
48
反り 反り
(cm)
1.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「篭手切江」の詳細ページです。
「篭手切江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「篭手切江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード