• 重要文化財
  • 南北朝時代

くわなごう

桑名江

桑名江

「桑名江」は、「徳川家康」の功臣として徳川四天王のひとりに数えられる「本多忠勝」(ほんだただかつ)の長男「本多忠政」(ほんだただまさ)が所持していた日本刀です。刃長は約69cmで、刀鍛冶である「郷義弘」(ごうのよしひろ:江義弘とも書く)によって作られています。

本多忠政は父・本多忠勝の跡を継ぎ、桑名藩桑名城」(現在の三重県桑名市)城主として150,000石を領していました。この本多忠政が鷹狩りに出かけた際、休憩をした農家の神棚に祀られた日本刀を目に留めます。この日本刀が気に入った本多忠政は、頼み込んでどうにか譲り受けました。そして土地の名前に因んで、桑名江という号を付けます。

本多忠政の目利きは確かだったようで、日本刀鑑定家「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)に見立ててもらうと、「相州正宗」(そうしゅうまさむね)、「栗田口吉光」(あわたぐちよしみつ)と並び、「天下三作」と呼ばれるほど貴重な郷義弘と鑑定されました。金工家「埋忠寿斎」(うめただじゅさい)に磨り上げさせたのち、表に「義弘 本阿(花押)」、裏に「本多美濃守所持」と金象嵌銘を入れ、さらにを揃えました。1665年(寛文5年)には、「本阿弥光温」(ほんあみこうおん)が金300枚の折紙を付けています。

その後、岡崎藩本多家へ伝わり、昭和時代に重要美術品に指定されました。現在は「京都国立博物館」(京都市東山区)が所蔵しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
その他(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多家 →
京都国立博物館
展示場所 展示場所
京都国立博物館
長さ 長さ
(cm)
69.4
反り 反り
(cm)
2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「桑名江」の詳細ページです。
「桑名江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「桑名江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード