• 重要美術品
  • 南北朝時代

よこすかごう

横須賀江

横須賀江

「横須賀江」は当初、「横須賀城」(よこすかじょう:現在の静岡県掛川市)初代城主であった「大須賀康高」(おおすがやすたか)が所持していた刀剣です。「徳川将軍家」の家臣であった大須賀康高は、1586年(天正14年)、江戸幕府の旗本を務めていた「阿部忠吉」(あべただよし)を娘婿として迎え入れた際に、本刀を贈ったことが伝えられています。

その後、「阿部家」は「白河藩」(しらかわはん:現在の福島県白河市)主となり、本刀は江戸時代を通じて、同家で継承されました。このような経緯から、本刀は現在、阿部家の遺品などを収蔵する「小峰城歴史館」(旧「白河集古苑」)に保管されています。

本刀を手掛けたのは、南北朝時代初期に越中国(現在の富山県)で作刀を行なっていた「郷義弘」(ごうのよしひろ)。その師である「正宗」の10人の高弟「正宗十哲」に数えられる名工です。

本刀は、江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」の命により、刀剣鑑定を家業としていた「本阿弥家」(ほんあみけ)が編纂した名刀一覧である「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載があり、同書にある郷義弘の作刀11振の中では、最高値の「代付」(だいづけ:刀剣の価値を金や銀で表した代価のこと)を与えられた名刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
その他(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
大須賀康高 →
阿部忠吉 →
阿部正友 →
白河市教育委員会 →
白河市郭内
(小峰城歴史館保管)
展示場所 展示場所
白河市郭内
(小峰城歴史館保管)
長さ 長さ
(cm)
75
反り 反り
(cm)
2.1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「横須賀江」の詳細ページです。
「横須賀江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「横須賀江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード