• 御物
  • 鎌倉時代

おにまるくにつな

鬼丸国綱

鬼丸国綱

「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、「天下五剣」(てんがごけん)に数えられる名刀ですが、御物(ぎょぶつ:皇室の私有財産)として皇室が所蔵しているため、国宝などの指定は受けていません。

鎌倉時代に、「北条時頼」(ほうじょうときより)によって鎌倉に招聘(しょうへい)された刀鍛冶、「栗田口国綱」(あわたぐちくにつな)が打った太刀で、「国綱」のが入っています。「鬼丸」とは、いかにもおどろおどろしい号ですが、これは持ち主である北条時頼がみた夢に大きくかかわります。北条時頼は、夜ごと夢に現われる小鬼に悩まされていました。そして、別の日に見た夢で、自らを国綱だと名乗る翁が現れ「国綱を磨いて部屋に立てかけなさい」と助言。その助言通りにして就寝したところ、突如、太刀が倒れ、そばに置いてあったを象った火鉢の足を切り落としました。以来、北条時頼の夢に小鬼が現われることはなくなったため、この太刀は「鬼丸」と呼ばれ、北条家の家宝として大切にされたと言います。

北条時頼の没後は、「新田義貞」(にったよしさだ)が鬼丸国綱を所持しました。しかし、新田義貞が「足利尊氏」(あしかがたかうじ)と争い、戦いに破れたことを皮切りに、鬼丸国綱の持ち主は、命を落とす、失脚するなど、不幸な運命を辿ることになります。

一時、「豊臣秀吉」や「徳川家康」のもとに献上されたこともありますが、この不吉な太刀を厭い、長く手元に置くことはありませんでした。明治維新後は、皇室に献上され、現在に至ります。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
御物
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
國綱
刀工 刀工
国綱
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
北条時頼 →
新田義貞 →
斯波高経 →
足利家 →
織田信長 →
豊臣秀吉 →
徳川家康 →
皇室
展示場所 展示場所
宮内庁
長さ 長さ
(cm)
78.2
反り 反り
(cm)
3.1

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「鬼丸国綱」の詳細ページです。
「鬼丸国綱」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「鬼丸国綱」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード