• 国宝
  • 平安時代

みかづきむねちか

三日月宗近

三日月宗近

三日月宗近」は、平安時代の山城国(現在の京都府)三条の刀工・宗近作の太刀。「天下五剣」のひとつで、中でも最も美しいと言われています。「享保名物帳」記載の名物で、その気品ある姿から「名物中の名物」とも呼ばれてきました。刃縁に沿うようにかかる打除け(うちのけ:刃文の一種)が、三日月が浮かんでいるように見えることからこの名があります。

伝来については諸説あり、足利将軍家に代々伝わる重宝でしたが、13代将軍足利義輝が松永久秀や三好三人衆に襲撃された際に奪われたとする説、出雲の戦国大名尼子氏の忠臣・山中鹿之介が佩用したとする説などが伝わりますが、どれも伝承の域を出ていません。

この刀が確かな史料に登場するのは、豊臣秀吉の正室・高台院が亡くなった際に、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠に贈られたとされるところからです。その後は徳川将軍家の重宝として太平洋戦争後まで伝わり、個人の収集家の手を経て、東京国立博物館に寄贈されました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
三条
刀工 刀工
宗近
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利家 →
徳川秀忠 →
東京国立博物館
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
80
反り 反り
(cm)
2.7

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「三日月宗近」の詳細ページです。
「三日月宗近」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「三日月宗近」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード