• 国宝
  • 平安時代

おおてんたみつよ

大典太光世

大典太光世

大典太光世」は、平安時代における三池派である「光世」という刀工の作品であり、「天下五剣」の内の1振りに数えられます。名前にある「典太」とは、光世の通称であり、その優れた作品であることから「大典太光世」という名前がつきました。

来歴としては、元は足利家の重宝であり、織田信長豊臣秀吉の手を経て徳川家に伝来。徳川2代将軍徳川秀忠から加賀の前田家に渡ったのですが、その際には以下のようなエピソードがあります。

徳川秀忠の次女である珠姫(たまひめ)を正室とする前田利常(まえだとしつね)は、珠姫が病で臥せた時、徳川秀忠からこの「大典太光世」を借り受け珠姫の枕元に置いたという。すると、珠姫の病は治り、徳川秀忠に刀を返却しました。その後、珠姫がまた病にかかり、刀を借り、治ると返すといったことを繰り返す内に徳川秀忠が前田家に譲り渡したとされます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
光世作
刀工 刀工
光世
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(筑後国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利家 →
徳川家 →
前田家 →
公益財団法人前田育徳会
展示場所 展示場所
公益財団法人前田育徳会
長さ 長さ
(cm)
66
反り 反り
(cm)
2.7

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「大典太光世」の詳細ページです。
「大典太光世」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「大典太光世」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード