• 国宝
  • 鎌倉時代

とくぜんいんさだむね

德善院貞宗

德善院貞宗

「徳善院貞宗」(とくぜんいんさだむね)は、南北朝時代に相模国(現在の神奈川県)の刀工「貞宗」(さだむね)の手による作で、「織田信長」の嫡男「織田信忠」(おだのぶただ)の側近として仕えた「前田玄以」(まえだげんい:前田徳善院[まえだとくぜんいん]とも)が、所有していたことに因んで名付けられた短刀です。

もとは、織田信忠が所有していましたが、1582年(天正10年)の「本能寺の変」において、前田玄以は二条御所で自刃した織田信忠より、本短刀と息子「三法師」(さんほうし:のちの織田秀信[おだひでのぶ])を託されます。三法師は父の形見として本短刀を受け継ぎますが、その後「豊臣秀吉」に贈られ、豊臣秀吉の死後、前田玄以の手元に戻りました。のちに「徳川家康」へ献上され、紀州徳川家に伝来。その後伊予西條松平家に伝わりますが、現在は三井家の三井記念美術館が所蔵しています。

本短刀の作者・貞宗は、相州伝を確立した「天下三作」のひとりに数えられる名工「正宗」に師事し、のちに正宗の養子となったと伝わる人物です。現存する刀剣はすべて無銘の極めで、作風は総体に落ち着いた品格があり、地刃共にの強さが見られ、相州伝の特色が現れています。本短刀は、貞宗の作と極められた短刀の中では、特に華やかであるとされており、板目肌の鍛えに、地景が交じり、地沸が付き、刃文皆焼(ひたつら)風。刀身には不動明王と金剛夜叉明王を表す梵字と、三鈷剣と護摩箸が表裏にそれぞれ彫られています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
無銘
刀工 刀工
貞宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
織田信忠 →
前田玄以 →
織田秀信 →
豊臣秀吉 →
前田玄以 →
徳川家康 →
紀州徳川家 →
伊予西條松平家
展示場所 展示場所
三井記念美術館
長さ 長さ
(cm)
35.5
反り 反り
(cm)
0.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「德善院貞宗」の詳細ページです。
「德善院貞宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「德善院貞宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード