• 重要文化財
  • 南北朝時代

おおかねみつ

大兼光

大兼光

「大兼光」は、「豊臣秀吉」の所蔵刀の1振でしたが、1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が逝去した際、形見分けとして津藩(現在の三重県)の「藤堂高虎」(とうどうたかとら)に譲られます。その後、藤堂高虎が徳川将軍家に献上。大兼光は、江戸時代を通じて徳川家が所有することになりました。近代に入って大兼光が売られたことを受けて、現在は静岡県三島市にある「佐野美術館」が保管しています。

大兼光は、備前国(現在の岡山県)の刀工「長船兼光」(おさふねかねみつ)が鍛え打刀(うちがたな)です。打刀とは、徒歩で戦う徒戦(かちいくさ)に適するように作られた日本刀(刀剣)を指します。

なお、馬に乗って行なう騎馬戦では、主に太刀(たち)が用いられました。大兼光は、2尺7寸5分(約83㎝)とかなり長めの打刀であったことから、兼光のなかでもとりわけ大きいため大兼光と呼ばれるようになったのです。

もともとは長大な大太刀だった大兼光ですが、徳川家献上にあたって短く磨上げられ、さらに鑑定した本阿弥家によって「備前国兼光 本阿弥(花押)」の金象嵌銘が刻まれました。磨上げられたことによって、入っていたと推察される本来のが分からなくなってしまったことは、惜しまれています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
金象嵌銘
備前国兼光 本阿弥(花押)
刀工 刀工
兼光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
藤堂髙虎→
徳川将軍家
展示場所 展示場所
佐野美術館
長さ 長さ
(cm)
83.4
反り 反り
(cm)
2.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「大兼光」の詳細ページです。
「大兼光」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「大兼光」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード