• 重要美術品
  • 鎌倉時代

とりかいくにとし

鳥飼(鳥養)国俊

鳥飼(鳥養)国俊

「鳥飼国俊」(とりかいくにとし)は、「鳥養国俊」とも書き、戦国時代の書家「鳥飼宗慶」(とりかいそうけい)が所有していたことに因んで名付けられた小太刀です。鎌倉時代中期に、山城国(現在の京都府)で興隆した、来一門の刀工「二字国俊」(にじくにとし)の手による作品。

鳥飼家から「細川幽斎」(ほそかわゆうさい)が150貫で購入し、その後、息子「細川忠興」(ほそかわただおき)に伝わるも、「石田三成」が500貫で購入し、一時佩用していたとされています。

関ヶ原の戦い」で紛失されたものの、徳川家康の手に渡り、以降尾張徳川家に伝来。現在は徳川美術館に所蔵されています。

本小太刀は「国俊」の二字銘が切られていますが、二字銘のものは在の作が少なく、貴重。「来国俊」と3字で切る銘もあり、作風の違いから、来国俊と二字国俊は別人であるとされていましたが、現在は同人説が有力となっています。本小太刀の姿は鎬造りで、庵棟小鋒/小切先猪首型となり、ふくらが付いたもの。小板目肌の詰んだ鍛えに地沸が付き、刃文丁子に小乱れが交じり、物打ちより上の刃は広直刃となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
小太刀
銘
国俊
刀工 刀工
二字国俊
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
鳥飼宗慶 →
細川幽斎 →
石田三成 →
徳川家康 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
60.3
反り 反り
(cm)
2.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「鳥飼(鳥養)国俊」の詳細ページです。
「鳥飼(鳥養)国俊」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「鳥飼(鳥養)国俊」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード