• 未鑑定
  • 鎌倉時代

こてぎりまさむね

籠手切正宗

籠手切正宗

打刀(うちがたな)は、鎌倉時代末期に作られた刀剣で、刀鍛冶は相模国(現在の神奈川県)の「正宗」(まさむね)です。 2尺2寸6分(約68cm)の刃長(はちょう)で、「朝倉教景」(あさくらのりかげ)や「織田信長」、「大津長昌」(おおつながまさ)が所持していたと伝わります。

本打刀は、越前国(現在の福井県)の朝倉家に伝わる名宝とされており、「籠手切」と付けられたのは「応仁の乱」(おうにんのらん)が由来。応仁の乱で権威を失墜しさせた室町幕府12代将軍「足利義晴」(あしかがよしはる)は京都から追われていました。足利義晴に付き従っていた「細川高国」(ほそかわたかくに)は、縁のあった越前国の「朝倉孝景」(あさくらたかかげ)に助けを請います。そこで朝倉孝景はこれに応えて、息子・朝倉教景に1万の軍勢を与え、京都へと派遣。このときに朝倉教景が帯びていた打刀がこの籠手切正宗です。この戦で、相手の手首を籠手ごと斬り落とすという凄まじい斬撃を見せたことから、以後、「籠手切正宗」と呼ばれるようになりました。そして、に「韝切」(籠手切り)と刻んでいたとも伝わっています。

もともとは、3尺3寸の長大な太刀(たち)であったのですが、織田信長や大津長昌の手を渡るうちに2尺2寸6分(約68cm)ほどに大磨上げされました。その際、「韝切」の銘もなくなっています。また作刀した人物についても、正宗ではなく、子とも弟子とも言われる「貞宗」(さだむね)の作ではないかと考えられている謎多き刀剣です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
-
刀工 刀工
正宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
朝倉家 →
織田信長 →
大津長昌 →
佐野信吉 →
前田利常 →
明治天皇 →
東京国立博物館
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
68
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「籠手切正宗」の詳細ページです。
「籠手切正宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「籠手切正宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード