• 国宝
  • 平安時代

さかいのぶふさ

酒井信房

酒井信房

太刀は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて活躍した古備前(こびぜん)の名工「信房」(のぶふさ)が作った太刀です。

本太刀は、2尺5寸1分(約76cm)の長さで、反りは2.3cmほど。徳川四天王のひとりとして知られる「酒井忠次」(さかいただつぐ)が、「小牧・長久手の戦い」において大きな戦功を挙げたことにより、主君「徳川家康」より本太刀を拝領しました。その後も出羽国庄内藩(現在の山形県)酒井家に伝来したことから、「酒井信房」という号が付いています。

徳川四天王は、徳川家康に対してとりわけ忠誠心が篤かった4人の武将のことを指し、その中でも特に別格とされたのが、酒井忠次。本太刀が、徳川家康から酒井忠次に贈られたのは、酒井忠次が徳川家康の父である「松平広忠」(まつだいらひろただ)の妹を正室に迎えるなど、親密な姻戚関係を築いたことも大きく影響していると考えられます。

酒井忠次は、武将として優れた才覚を持ち、「姉川の戦い」や「長篠の戦い」、そして「小牧・長久手の戦い」など、いずれにおいても大きな功績を残し、その子孫は、代々出羽国庄内藩の藩主として栄えました。

酒井信房は庄内藩において代々重宝として伝わり、大切に保存されてきました。現在も酒井家の歴史遺産を保管する「致道博物館」(山形県鶴岡市)に収蔵され、その姿を目にすることができる長い歴史を経てきた名刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
信房作
刀工 刀工
信房
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
徳川家康 →
酒井忠次
展示場所 展示場所
致道博物館
長さ 長さ
(cm)
76
反り 反り
(cm)
2.3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「酒井信房」の詳細ページです。
「酒井信房」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「酒井信房」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード