• 重要文化財
  • 南北朝時代

そうざさもんじ

宗三左文字

宗三左文字

打刀(うちがたな)は、「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりである筑前(現在の福岡県)の刀工「左文字」(さもんじ)作の打刀です。名前の由来は、室町幕府管領・細川晴元(ほそかわはるもと)の側近である三好政長(みよしまさなが)が所持していたため、三好政長の法名「宗三」(そうざん)から付けられました。またの名を「三好左文字」とも呼ばれます。

本打刀は、三好政長から甲斐(現在の山梨県)の戦国武将武田信玄(たけだしんげん)に贈られ、のちに駿河国(現在の静岡県)の今川義元(いまがわよしもと)に渡りました。今川義元は本打刀を愛刀として大切にし、織田信長に「桶狭間の戦い」で討ち取られた際にも、本打刀を差していました。織田信長は本打刀を気に入り、「金象嵌」(きんぞうがん)で表に「永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀」裏に「織田尾張守信長」と刻印し、いつも身に付けていたと言われます。「本能寺の変」で明智光秀(あけちみつひで)に攻撃された際にも、本打刀を差していたのです。そのことから、本打刀は「義元左文字」とも「信長左文字」とも呼ばれます。

本能寺の変で焼けて再刃(さいば/さいは)されたとも言われ、豊臣秀吉の手に渡ったあと、徳川将軍家へ。徳川家康もお気に入りとして愛用し、徳川将軍家の重宝として、受け継がれていきました。1657年(明暦3年)、明暦の大火にて再度焼け、再刃されたため、現在の「宗三左文字」には「左文字」の特徴は残っていないとも言われます。

明治維新後に織田信長を祭った「建勲神社」(たけいさおじんじゃ)に、織田信長ゆかりの刀剣として、徳川家より寄贈されました。義元左文字の名で重要文化財指定。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
織田尾張守信長 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀
刀工 刀工
左文字
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(筑前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
三好政長 →
武田信玄 →
今川義元 →
織田信長 →
豊臣秀吉 →
徳川家 →
建勲神社
展示場所 展示場所
京都国立博物館
長さ 長さ
(cm)
67.0
反り 反り
(cm)
1.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「宗三左文字」の詳細ページです。
「宗三左文字」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「宗三左文字」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード