• 重要文化財
  • 鎌倉時代

なんせんいちもんじ

南泉一文字

南泉一文字

「南泉一文字」(なんせんいちもんじ)は、備前国(現在の岡山県)で興隆した刀工一派「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)の作品。号の由来は、研ぎ出した本刀剣にぶつかった猫が真二つに切れたことから、中国の故事「南泉斬猫」(なんせんざんみょう)に因んで付けられました。

足利将軍家の重宝とされた刀剣で、戦国時代に豊臣秀吉の手に渡ったのち、豊臣秀吉の死後、息子・豊臣秀頼から徳川家康へ贈与。その後徳川家康の遺品として、尾張藩初代藩主「徳川義直」(とくがわよしなお)に渡り、以降尾張徳川家に家宝として伝来しました。

本刀剣は大磨上のため、無銘。姿は、鎬造り庵棟反りは浅く、中鋒/中切先のもの。小板目肌がよく詰み、乱れ映り立つ鍛えは素晴らしく、匂口がやわらかに冴えており、福岡一文字派の代表作とも言える名刀です。刃文は大丁子互の目が交じり、働きがしきりに入って、ここにも同刀派の特色がよく現れています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
無銘
刀工 刀工
福岡一文字
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利家 →
豊臣秀吉 →
徳川家康 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
展示場所 展示場所
徳川美術館
長さ 長さ
(cm)
61.8
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「南泉一文字」の詳細ページです。
「南泉一文字」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「南泉一文字」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード