• 重要美術品
  • 鎌倉時代

にっかりあおえ

にっかり青江

にっかり青江

「にっかり青江」は、鎌倉時代、備中国(びっちゅう:岡山県青江派作の大脇差。この不思議な名前の由来は、一説では、近江国(滋賀県)の武士がある晩歩いていると、若い女が、にっかり笑いながら近づいてきたため、怪しんで斬り捨てたところ、翌朝、石灯籠が真っ二つになって転がっていたという伝説からと言われます。

「にっかり青江」は、その後戦国武将で織田信長の家臣・丹羽長秀から豊臣秀吉に伝わり、子の豊臣秀頼から、最後に近江国大津藩主・京極家に渡りました。

京極家は、讃岐国(香川県丸亀藩主となり、居城である丸亀城に移り住むことになりますが、丸亀城に入る家はことごとく御家断絶となるなど、呪われた城と言われていたのです。しかし、「にっかり青江」と共に入城した京極家は無事に明治期まで居城し続けました。にっかり笑うあやかしを斬った刀には、祟りを斬る力もあったのかもしれません。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
脇差
銘
羽柴五郎左衛門尉長
刀工 刀工
青江派
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(備中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
丹羽長秀 →
豊臣秀吉→
京極家
展示場所 展示場所
丸亀市立資料館
長さ 長さ
(cm)
60
反り 反り
(cm)
1.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「にっかり青江」の詳細ページです。
「にっかり青江」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「にっかり青江」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード