• 国宝
  • 鎌倉時代

さだつぐ

太刀 銘 貞次

太刀 銘 貞次

太刀を制作した「貞次」(さだつぐ)は、備中国(現在の岡山県西部)の「古青江」を代表する刀工です。

古青江とは、平安時代末期から南北朝時代にかけて栄えた「青江派」のうち、鎌倉時代中期までに所属していた刀工及び作刀のこと。古青江は、御番鍛冶(ごばんかじ:後鳥羽上皇が名工を招集して月番を定め鍛刀させた制度)の一員を務める名工揃いで、貞次も御番鍛冶・2月番として活躍しました。「次」の字を通字としているのも、古青江の特徴です。

国宝「太刀 銘 貞次」は、備中古青江貞次を代表する逸品。小鋒/小切先で、腰反り高く踏張りがある美しい姿。地鉄(じがね)は小板目肌よくつみ、地沸よくつき、澄肌と呼ばれる地斑交じり、いわゆる縮緬肌となっています。刃文は中直刃に小丁子小乱が交じり、が入り、特徴をよく示しています。

江戸時代、対馬藩主宗家が所有し、明治期時代には愛刀家「伊藤巳代治」伯爵が所持し、現在は個人蔵となっている1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
貞次
刀工 刀工
備中古青江貞次
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(備中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
個人蔵
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
77.1
反り 反り
(cm)
2.4

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「太刀 銘 貞次」の詳細ページです。
「太刀 銘 貞次」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 貞次」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード