• 国宝
  • 鎌倉時代

よしふさ

太刀 銘 吉房

太刀 銘 吉房

太刀(たち)は、鎌倉時代中期に備前国(現在の岡山県東部)福岡で活躍した「福岡一文字派」の刀工「吉房」(よしふさ)が作刀したと言われる太刀です。吉房は、一文字派の始祖「則宗」(のりむね)の子孫である「助房」の子にあたる人物で、鎌倉時代中期頃に活動していました。

表裏の棒樋(ぼうひ)は掻流し(かきながし)となっており、表側に腰樋(こしび)を掻流して添えられています。(なかご)は生ぶ(うぶ)で先栗尻目釘孔(めくぎあな)は3つあり、目釘孔の下、棒樋と腰樋の間には二字銘(にじめい)も記されています。各寸法は、身長が74.0cm、反りが3.5cm、元幅が3.2cm。先幅は2.2cmで、茎長は21.0cmあり、身幅(みはば)が広くて、猪首鋒/猪首切先(いくびきっさき)の堂々とした風格の太刀です。

本太刀は、はじめ「小松安弘興産」が所蔵していましたが、現在は寄託されて、広島県福山市の所蔵となり、「ふくやま美術館」が保管・管理しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
吉房
刀工 刀工
吉房
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
小松安弘興産 →
ふくやま美術館
展示場所 展示場所
ふくやま美術館
長さ 長さ
(cm)
74
反り 反り
(cm)
3.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「太刀 銘 吉房」の詳細ページです。
「太刀 銘 吉房」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 吉房」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード