• 国宝
  • 鎌倉時代

いこまみつただ

刀 生駒光忠

刀 生駒光忠

国宝「生駒光忠」は、「生駒讃岐守」が所有していたことにちなんで名付けられています。

生駒讃岐守とは、「生駒一正」(いこまかずまさ)のこと。生駒一正は、「織田信長」、「豊臣秀吉」に仕え、1600年(慶長5年)「関ヶ原の戦い」では、東軍の先鋒を務めた人物。讃岐170,000石の領主として「丸亀城」に入り、翌年高松藩藩主となり、本領を安堵されました。

は、身幅が広く、猪首鋒/猪首切先で、重ねやや厚く反りの浅い姿。地鉄(じがね)は小板目肌よく詰み地沸付き、乱映り鮮やかに立ち、刃文は大丁子互の目(ぐのめ)や尖り刃交じり、小付き明るく冴えます。

刀剣鑑定家「本阿弥光徳」が金象嵌で「光忠 光徳花押 生駒讃岐守所持」と入れた1振です。「享保名物帳」には収載されていない「御家名物」(各大名家秘蔵)と言われる名刀。「光忠」とは、備前長船派の開祖で、古備前風の優美な作から華やかな乱れ刃を焼いた豪壮な作までと、作域が広い名工です。

本刀は、生駒家伝来の家宝として大切にされてきましたが、生駒一正の孫「生駒高俊」が、寛永年間に起こった「生駒騒動」と呼ばれる御家騒動により没落。所領は没収され、生駒忠光の行方も分からないままでした。しかし、その後、愛刀家の「細川護立」(熊本藩主細川家16代当主)が購入し、現在も細川家の歴史遺産を保管する永青文庫によって大切にされています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
銘
無銘 金象嵌「光忠 光徳花押 生駒讃岐守所持」
刀工 刀工
光忠
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
生駒一正→
細川家
展示場所 展示場所
永青文庫
長さ 長さ
(cm)
68.4
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「刀 生駒光忠」の詳細ページです。
「刀 生駒光忠」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「刀 生駒光忠」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード