• 国宝
  • 平安時代

はちすかまさつね

蜂須賀正恒

蜂須賀正恒

「蜂須賀正恒」は、阿波国「徳島藩」(現在の徳島県)の藩主を代々務めた「蜂須賀家」(はちすかけ)に伝来した刀剣です。本太刀は、どのようにして同家に渡ったかは定かではないですが、同家の始祖「蜂須賀正勝」(はちすかまさかつ)は、「豊臣秀吉」に仕えた武将。

豊臣秀吉が、天下統一を成し遂げるために行なった事業の一環である「四国平定」のあと、阿波一国を付与されたと伝えられています。その後、蜂須賀家は、「関ヶ原の戦い」の際には「徳川家」に与したこともあり、阿波国をそのまま統治しました。

1933年(昭和8年)に「旧国宝」に指定された本太刀は、蜂須賀家より売り出され、個人への譲渡を経由し、現在は「ふくやま美術館」(広島県福山市)に所蔵。1952年(昭和27年)には「新国宝」の指定を受けています。

本太刀を制作したのは、「古備前派」(こびぜんは)の刀工である「正恒」(まさつね)。「友成」(ともなり)と並んで同派を代表する名工であり、その振りは多様。同銘の刀工が数人いたと考えられています。

本太刀の(なかご)は生ぶ(うぶ)で、その鑢目(やすりめ)が「勝手下がり」であるのが特徴。正恒の作刀の中において、本太刀は、最も古風な趣を示しており、地刃の健全さや銘の鮮明さなどを含め、最高の出来栄えであると評される1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
正恒
刀工 刀工
正恒
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
蜂須賀家 →
個人 →
ふくやま美術館
展示場所 展示場所
ふくやま美術館
長さ 長さ
(cm)
77.6
反り 反り
(cm)
2.6

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「蜂須賀正恒」の詳細ページです。
「蜂須賀正恒」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「蜂須賀正恒」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード