• 国宝
  • 鎌倉時代

ふしみさだむね

伏見貞宗

伏見貞宗

短刀の号である「伏見貞宗」の由来は定かにはなっていませんが、「豊臣秀吉」に仕えて重用され、1583年(天正11年)に勃発した「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)において武功を挙げ、「賤ヶ岳の七本槍」のひとりとして高く評価されている「加藤嘉明」(かとうよしあき)の所持であったと伝えられています。

その後、加藤嘉明が始祖となった近江国「水口藩」(現在の滋賀県甲賀市)の歴代藩主「加藤家」に伝来。「本阿弥家」の系譜を継いで、明治時代から昭和時代にかけて活動した刀剣鑑定家「本阿弥光遜」(ほんあみこうそん)に譲渡されたあと、「黒川古文化研究所」の「黒川福三郎」(くろかわふくさぶろう:3代「黒川幸七」)の手に渡りました。

本短刀を手掛けた刀工は、刀剣の代名詞とも称される「相州正宗」の養子であり、その門人として、「藤四郎吉光」(とうしろうよしみつ)や「郷義弘」(ごうのよしひろ)、そして師である正宗と共に、「名工四工」のひとりに数えられる「貞宗」です。本短刀は、小互の目(ぐのめ)を交えて匂口(においぐち)が冴えるなど、父である相州正宗を彷彿とさせる作風を示しています。 本短刀は、貞宗の作刀の中でも屈指の出来と評され、同工の代表作としても名高い名刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
貞宗 本阿(花押)
刀工 刀工
貞宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
加藤嘉明→
加藤家→
本阿弥光遜→
個人
展示場所 展示場所
黒川古文化研究所
長さ 長さ
(cm)
30.2
反り 反り
(cm)
0.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「伏見貞宗」の詳細ページです。
「伏見貞宗」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「伏見貞宗」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード