• 国宝
  • 飛鳥時代

しちせいけん

七星剣

七星剣

「七星剣」(しちせいけん)とは、もともと古い中国の道教思想に基づき、国家鎮護や破邪滅敵を目的にして作られた刀剣の総称です。刀剣には北斗七星(七星文)が刻み込まれており、その北斗七星が宇宙の中心である北極星を守るとして儀式に使われたのが名前の由来になります。

なかでも、大阪府大阪市にある「四天王寺」所蔵の「七星剣」は、「聖徳太子」の佩刀であったと伝えられる最も著名な1振で、1912年(大正元年)9月3日より旧国宝となっていましたが、1952年(昭和27年)3月29日に新国宝に指定されました。

この「七星剣」の長さは62.1cm、切刃造り(きりはづくり:鎬筋[しのぎすじ]が刃側寄りで刃の勾配が急な形状)の鉄剣です。刀身(とうしん) には、七星文の他に三星文(七夕の織女星)、雲形文、竜頭、白虎などが表現されています。いずれも中国の天体信仰を表わす意匠です。現在、「東京国立博物館」(東京都台東区)に寄託されています。

この他の「七星剣」としては、聖徳太子の幼少期の守り刀と伝えられる「法隆寺」(奈良県生駒郡斑鳩町)の「銅七星剣」、「正倉院」(奈良県奈良市)に納められている「呉竹鞘御杖刀」(くれたけさやのごじょうとう)、「稲荷山遺跡」(とうかやまいせき:千葉県成田市)から見つかった「七星剣」などが有名です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
飛鳥時代
刀剣種別 刀剣種別
銘
-
刀工 刀工
-
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(-)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
聖徳太子 →
四天王寺
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
62.1
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「七星剣」の詳細ページです。
「七星剣」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「七星剣」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード