• 国宝
  • 鎌倉時代

のりしげ(にほんいちのりしげ)

短刀 銘 則重(日本一則重)

短刀 銘 則重(日本一則重)

短刀を制作した「則重」(のりしげ)は、鎌倉時代末期に活躍した刀工です。

相模国(現在の神奈川県)の鎌倉で「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の弟子となり、相州伝を習得。「正宗十哲」のひとりにも選ばれ、1328年(嘉暦3年)に越中国(現在の富山県)婦負郡呉服郷に帰郷して作刀し、「呉服郷」とも呼ばれました。短刀の制作が得意で、鍛肌に特色があります。総体的に板目柾目杢目が混ざり、地沸が厚くついて渦巻く地肌は、松の木の皮に例えられ「松皮肌」と賞賛されました。

国宝「短刀 銘 則重」は、則重の傑作と言われる1振。

地鉄(じがね)は小板目肌で、松皮肌が交ざり、地沸がよくつき地景も入っています。刃文互の目(ぐのめ)調の乱に小沸強く、足繁く入り、金筋、砂流頻りにかかる逸品。

肥後熊本藩主の細川家に伝来し、細川家伝来の美術品などを収蔵する永青文庫を設立し、公益財団法人・日本美術刀剣保存協会の初代会長に就任した第16代当主「細川護立」氏の愛刀であったことでも有名です。素晴らしい出来映えであることから、「日本一則重」の号が付きました。

1931年(昭和6年)に戦前の旧国宝制度のもとで国宝に指定され、1953年(昭和28年)に改めて国宝に指定されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
則重
刀工 刀工
則重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
永青文庫
展示場所 展示場所
永青文庫
長さ 長さ
(cm)
24.6
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「短刀 銘 則重(日本一則重)」の詳細ページです。
「短刀 銘 則重(日本一則重)」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「短刀 銘 則重(日本一則重)」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード