• 国宝
  • 鎌倉時代

すけかね

太刀 銘 助包

太刀 銘 助包

太刀は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した「古備前派」の刀工「助包」が制作した太刀です。

古備前派とは、平安時代末期から鎌倉時代初期に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀工を指しており、流派も数派ありますが、現存している作品が極めて少ないため、希少価値が高いです。平安貴族の時代から鎌倉幕府が興って武家社会となった鎌倉時代中期以降は、日本刀作りが盛んになったことで多くの刀剣が現存しますが、助包が活躍したのはそれ以前の時期であるため、残されている作品も多くはありません。

備前国では、1,000年以上前から刀鍛冶が盛んであり、日本刀の聖地としても有名。その背景として、吉井川流域で産出される良質な砂鉄が、日本刀作りの原料に最適であったことが挙げられます。古備前派の刀姿は、踏ん張りがあり、腰反りが高く、先にいって伏せごころがあるのが特徴です。本太刀は、「藤末鎌初」(とうまつけんしょ:平安時代末期から鎌倉時代初期)の太刀姿の典型作となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
助包
刀工 刀工
助包
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
個人蔵
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
97.3
反り 反り
(cm)
3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「太刀 銘 助包」の詳細ページです。
「太刀 銘 助包」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 助包」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード