• 国宝
  • 鎌倉時代

くにむね(しまづけでんらい)

太刀 銘 国宗(島津家伝来)

太刀 銘 国宗(島津家伝来)

鹿児島県照国神社が所蔵する本太刀は、島津家に代々受け継がれた名刀です。制作したのは、備前三郎国宗。備前三郎国宗は、長船光忠(おさふねみつただ)や畠田守家のような蛙子(かわずこ:おたまじゃくし)風の丁子乱れ(ちょうじみだれ)や、長船景光(おさふねかげみつ)に近似した直刃(すぐは)調に小乱れが入る物など、作風が多岐に渡ることが特徴です。

本太刀は、1927年(昭和2年)、武将「島津忠久」(しまづただひさ)の700年祭のときに、島津家当主「島津忠重」(しまづただしげ)から照国神社に奉納された1振。そのあと、進駐軍に持ち去られる憂き目に遭って消息が分からない時期がありましたが、1963年(昭和38年)にアメリカ人愛刀家ウォルター・コンプトン氏が入手し、のちに返還されるという経歴を持ちます。

以降は国立博物館の所蔵で、照国神社に返還され、現在は鹿児島県歴史資料センター黎明館に保管されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
国宗
刀工 刀工
備前三郎国宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
島津家 →
照国神社
展示場所 展示場所
照国神社鹿児島県歴史資料センター黎明館
長さ 長さ
(cm)
81.4
反り 反り
(cm)
2.3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「太刀 銘 国宗(島津家伝来)」の詳細ページです。
「太刀 銘 国宗(島津家伝来)」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「太刀 銘 国宗(島津家伝来)」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード