• 国宝
  • 南北朝時代

びしゅうおさふねじゅうながしげ こうじゅつ

短刀 銘 備州長船住長重 甲戌

短刀 銘 備州長船住長重 甲戌

短刀は、南北朝時代に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀工「長重」(ながしげ)が作刀した短刀です。刃長は26.0㎝、浅い内反りが特徴。

本短刀の制作者である長重は、(にえ)や地景(ちけい)が激しく働く相伝備前と称される個性的な作風の刀剣を制作した南北朝時代の名工「長義」(ながよし/ちょうぎ)と兄弟の関係であったと言われています。本短刀は、「豊臣秀吉」に仕えた刀剣鑑定家「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)が差料として使用し、本阿弥家に受け継がれてきた名刀です。本阿弥家では、長義の傑作をも凌ぐ出来と太鼓判を押されました。

静かな焼にはじまって、物打上で激しく(しのぎ)に迫る焼が入り、特に差裏は目を見張る素晴らしさです。刃縁(はぶち)よく沸付きも冴えが光り、地肌は杢目肌(もくめはだ)が目立つ造りとなっており、くっきりと目立つ地景がしきりに働き、相伝を強調しているのが特徴。

本短刀は、政治運動家の「杉山茂丸」氏の旧蔵品でしたが、現在は東京都の個人蔵となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
備州長船住長重 甲戌
刀工 刀工
長重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本阿弥光徳 →
杉山茂丸 →
個人蔵
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
26
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「短刀 銘 備州長船住長重 甲戌」の詳細ページです。
「短刀 銘 備州長船住長重 甲戌」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「短刀 銘 備州長船住長重 甲戌」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード