• 国宝
  • 鎌倉時代

くにみつ

短刀 銘 国光

短刀 銘 国光

短刀の制作者は、鎌倉時代後期に相模国(現在の神奈川県)で活躍した刀工「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)で、鎌倉幕府の武士達を支えた作刀の伝法「相州伝」の創始者です。のちに「正宗十哲」(まさむねじってつ)と呼ばれる相州伝の名工10名を束ねた「正宗」の師でもあります。

新藤五国光の作刀は短刀が主で、太刀は極めて僅少です。また、短刀には1293~1324年(永仁元年~元亨4年)の年紀が記されており、新藤五国光の作刀期間を知る上で貴重な証となっています。その作風は後代の相州伝とは一味違っていました。それは、父(または祖父)である「粟田口派」(あわたぐちは)の刀工「国綱」(くにつな)の作風から、影響を受けていたためと考えられています。

ただし、新藤五国光自身の系譜に関しては確かなことは分かっていません。国綱が晩年に儲けた子であるという通説以外にも諸説あり、新藤五国光が師事した人物についても、「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)や「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、「長船長光」(おさふねながみつ)らの名が挙げられています。著名でありながら謎多き刀工と言えるのです。

また、新藤五国光は真言密教系の法師鍛冶であったとされ、本短刀にも指表に素剣(そけん)、指裏に「不動明王」(ふどうみょうおう)を表す梵字(ぼんじ)の彫物があります。現在、本短刀は大阪にあり、個人蔵です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
短刀
銘
国光
刀工 刀工
新藤五国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝(相州国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
個人蔵
展示場所 展示場所
個人蔵
長さ 長さ
(cm)
-
反り 反り
(cm)
-

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「短刀 銘 国光」の詳細ページです。
「短刀 銘 国光」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「短刀 銘 国光」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード