• 国宝
  • 南北朝時代

じょうじごねんひのえうませんじゅいんながよし

大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉

大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉

大太刀は、南北朝時代の「後村上天皇」(ごむらかみてんのう)が愛媛県今治市の「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)に奉納したと伝えられています。

本大太刀を制作したのは、大和国(現在の奈良県)「千手院派」(せんじゅいんは)の刀工「長吉」(ながよし)です。千手院派の刀工達は、「東大寺」(奈良県奈良市)に属する承仕法師(じょうじほうし:寺院の雑用を務める下級の僧侶)であり、東大寺の僧兵達のために刀剣を作っていました。刀工達が拠点とした場所の近くに「千手院堂」があったことから、そのまま千手院派という派号で呼ばれるようになったと伝えられています。

本大太刀の刃長(はちょう)は136.0cm、反りが4.8cm。南北朝時代に流行した「野太刀」(のだち/のたち)と言われる大太刀の代表作です。

1911年(明治44年)に重要文化財指定となり、その後の1953年(昭和28年)3月31日には国宝に指定されました。現在も、大山祇神社が所蔵しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
南北朝時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
貞治五年丙午千手院長吉
刀工 刀工
長吉
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
大和伝(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
後村上天皇 →
大山祇神社
展示場所 展示場所
大山祇神社
長さ 長さ
(cm)
136
反り 反り
(cm)
4.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉」の詳細ページです。
「大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード