• 御物
  • 平安時代

つるまるくになが

鶴丸国永

鶴丸国永

平安時代の山城国(現在の京都府)の刀工で「五条国永」(ごじょうくになが)作の太刀(たち)です。反りの強い優美な立ち姿で、五条国永の在の作刀中最高傑作。名前の由来は、失われてしまった(こしらえ:日本刀の外装)に「鶴丸」の模様があったためと言われています。

鎌倉幕府執権の北条貞時(ほうじょうさだとき)が、本太刀欲しさに前の持ち主の墓を暴いたという俗説が、まことしやかにささやかれるほど人気がありました。経緯は不明ですが、そのあと織田信長が所有し、家臣に贈られたあと、京都の「藤森神社」で神事に使用されていたところを本阿弥家折紙が付いて、仙台藩(現在の宮城県伊達家に渡ります。

めまぐるしく持ち主を変えた本太刀は、明治維新後に明治天皇に献上され、ようやく落ち着きました。今も御物(ぎょぶつ)として、宮内庁が管理しており、滅多にその姿を観ることはできません。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
御物
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
国永
刀工 刀工
五条国永
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
織田信長 →
藤森神社 →
伊達家 →
明治天皇 →
宮内庁
展示場所 展示場所
宮内庁
長さ 長さ
(cm)
78.6
反り 反り
(cm)
2.7

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「鶴丸国永」の詳細ページです。
「鶴丸国永」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「鶴丸国永」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード