• 国宝
  • 鎌倉時代

こりゅうかげみつ

小竜景光

小竜景光

備前長船長光の子「景光」(かげみつ)の作。景光作のなかでも最上級の出来と言われています。樋中に倶利伽羅竜の彫り物があることからこの名があります。

江戸時代末期まで、文献に全く記録が遺されておらず、突如、河内国(現在の大阪府)の農家で発見されますが、見つけた刀屋が鑑定に出すと、本阿弥家では「偽物」として折紙を出しませんでした。幕府の代官・中村覚太夫(なかむらかくだゆう)から刀屋を経て、長州の毛利家に売却されますが、本阿弥家で折紙が付かなかったことを伝え聞くと返却されてしまいます。

のちに「御様御用」(おためしごよう)という刀の試し斬りを代々行なってきた山田浅右衛門(やまだあさえもん)家の当主が買い取り、明治維新後に宮内庁に献上。明治天皇佩刀(はいとう)となり、お気に召した天皇は、サーベルを付け、常に佩用(はいよう)されました。

南北朝時代、後醍醐天皇を奉じて鎌倉幕府を倒し、のちに足利尊氏に敗れて自害した南朝の忠臣・楠木正成(くすのきまさしげ)の佩刀であったという伝承も伝わり、楠木正成を「大楠公」(だいなんこう)と称すことから、別名・「楠公景光」と言います。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
国宝
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
備前国長船住景光
元享二年五月日
刀工 刀工
景光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
楠木正成 →
明治天皇 →
東京国立博物館
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
73.6
反り 反り
(cm)
3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑」から「小竜景光」の詳細ページです。
「小竜景光」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「小竜景光」の姿を、「刀剣名刀図鑑」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード