• 御物
  • 平安時代

こがらすまる

小烏丸

小烏丸

太刀は、平家に伝来した太刀で名工「天国」(あまくに)作。名前の由来は、桓武天皇(かんむてんのう)のもとに飛んできた、大神宮(伊勢神宮)の使いだという巨大な三本脚の烏によってもたらされたという伝承からその名が付けられたと言われています。

のちに「平将門討伐」の際に、平貞盛(たいらのさだもり)が朝廷より拝領し、以降平家一門の家宝となりますが、「壇ノ浦の戦い」で平家と共に海の底に沈んで行方不明になったと言われてきました。 江戸時代になって、平氏の流れを汲む伊勢家に「小烏丸」という名の太刀が保管されていたことが判明します。明治維新後に明治天皇に献上。現在は「御物」として東京国立博物館の所蔵です。

御物の「小烏丸」にはがなく、「天国」の作刀した物には銘があったとされ、両者が同じ物であるかは諸説あり、はっきりとしたことは分かっていません。直刀(ちょくとう)と湾刀(わんとう)の過渡期に作られた「鋒/切先両刃造」(きっさきもろはづくり)と言う造込みで、鋒/切先のみ両刃となっているのが特徴。鋒/切先両刃造は、刺突(しとつ)と切断の両方が可能だとして考案されたと言われ、代表的な作例が小烏丸であることから、「小烏丸造」とも言います。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
御物
時代 時代
平安時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
銘
-
刀工 刀工
天国
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
大和伝(大和国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
平貞盛 →
明治天皇
東京国立博物館
展示場所 展示場所
東京国立博物館
長さ 長さ
(cm)
63
反り 反り
(cm)
1.3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)」から「小烏丸」の詳細ページです。
「小烏丸」にまつわる逸話や解説、イラストだけでなく、鑑定区分や作刀された時代、代表的な所有者や展示されている施設などをご覧頂けます。
数ある日本刀の中でも「名刀」として現代まで伝えられてきた「小烏丸」の姿を、「刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)」でお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード