目貫

江戸時代 後期

えだぎくず(むめい・きょうきんこう) めぬき 枝菊図(無銘・京金工) 目貫

枝菊図(無銘・京金工) 目貫

目貫は枝菊をモチーフに、その清楚な雰囲気と気高さがよく表現されている作品です。

は切られていませんが、金地に容彫(かたぼり:主題を表現する際、背景などを彫り加えないで、動植物などの図像の輪郭を目貫の形状として、そこに細かな彫刻を施す技法)をして緻密に作り込まれた本目貫からは、京金工らしい気品が感じられます。

京金工には、室町時代の初代「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)に始まった「後藤家」一門や、金工を経て刀工としても活動した「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)派など、多数の流派が存在。数多くの刀装具が制作されました。

菊は、竹や梅、蘭とともに四君子(しくんし:古来、人々に愛された4種類の草木)に選ばれている高貴な花。品格と共に、強い生命力を有していることで知られ、「菊紋」(きくもん)として皇室の紋章にも採用されています。

本目貫は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」の審査で「保存刀装具」(ほぞんとうそうぐ)に認定されています。

詳細情報

鑑定区分 保存刀装具 推定制作時代 江戸時代 後期
種別 目貫 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「目貫・小柄・笄・縁頭写真/画像」の「枝菊図(無銘・京金工) 目貫」の詳細ページでは、枝菊図(無銘・京金工) 目貫の写真・画像や鑑定区分、種別を確認できます。写真・画像はクリックで拡大することも可能です。実用性だけでなく、装飾性も高い枝菊図(無銘・京金工) 目貫の美しさをぜひご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード