目貫

江戸時代 後期

かざりうまず(むめい・きょうきんこう) めぬき 飾馬図(無銘・京金工) 目貫

飾馬図(無銘・京金工) 目貫

目貫の意匠として配されている「飾馬」(かざりうま)とは、いろいろな馬具で美しく飾り立てられた馬のこと。飾馬は、嫁入りなど特別な祝儀の際や、盛儀(せいぎ:立派で華やかな儀式)行列での乗用などに使われていました。

馬は人気運を上昇させ、商売繁盛などの幸福をもたらす縁起物の図柄とされ、吉祥文様の代表格のひとつです。

また、頭が馬になっている、あるいは馬の頭飾りを被る「馬頭観音」(ばとうかんのん)が仏教の信仰対象であるように、古来馬は、神聖な動物として考えられていました。

さらには、寺社にて願掛けを行なう際、馬を奉納するしきたりもありましたが、後世には、馬を絵に描いた物を奉納する略式の方法が採られるようになり、その風習は、現在の「絵馬」に受け継がれて存続しています。

本目貫全体に施されているのは、「容彫」(かたぼり/かたちぼり)と称される彫刻技法。これは、図柄の主題を表現するため、背景などを彫り加えずに、主題そのものの輪郭をそのまま作品の形状とする方法で、本目貫においては、素材の金地を厚く作り込み、量感溢れる容彫になっています。

一方で細部に用いられている彫刻技法は、細い線状で表現する「毛彫」(けぼり)。金工作品の彫刻の中では最も基礎的であり、弥生時代頃にはすでに見られていたと考えられている技法です。

本目貫は無銘ですが、京金工の「傍後藤」(わきごとう:同音で「脇後藤」とも表記する)一門の名人による作であると見極められています。「傍後藤」は、室町幕府8代将軍「足利義政」(あしかがよしまさ)に仕えた「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)を祖とする武家金工の一門「後藤宗家」の分家です。

京金工には、「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)派や「大月光興」(おおつきみつおき)派など様々な流派があり、その多くが気品漂う作品を作っています。意匠に省略を効かせた本目貫も他の流派と同様に、品位が感じられる出来栄えの作品です。

詳細情報

鑑定区分 未鑑定 推定制作時代 江戸時代 後期
種別 目貫 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「目貫・小柄・笄・縁頭写真/画像」の「飾馬図(無銘・京金工) 目貫」の詳細ページでは、飾馬図(無銘・京金工) 目貫の写真・画像や鑑定区分、種別を確認できます。写真・画像はクリックで拡大することも可能です。実用性だけでなく、装飾性も高い飾馬図(無銘・京金工) 目貫の美しさをぜひご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード