小柄・笄

制作時代不明

ふたところもの むめい ごとう おわりとくがわけでんらい こづか・こうがい 二所物 無銘(後藤)尾張徳川家伝来 小柄・笄

二所物 無銘(後藤)尾張徳川家伝来 小柄・笄

後藤家は室町時代の足利家にはじまり、織田信長豊臣秀吉、そして徳川家康と時の権力者に代々仕え、幕末明治まで続いてきた金工一家。

後藤家の初代「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)は、室町時代における東山文化の一翼を担った日本工芸界を代表する芸術家。「日本金工の祖」とも言われます。

続いて2代「後藤宗乗」(ごとうそうじょう)、3代「後藤乗真」(ごとうじょうしん)が代々将軍家に仕えたことから、その作風は「御家彫り」(おいえぼり)と呼ばれるようになりました。

4代光乗(こうじょう)の時には、織田信長から金の大判を制作する「大判座」の命を受け、刀装具のみならず通貨の製造においても活躍。10代廉乗(れんじょう)の時に、長く親しんだ京都から将軍の御膝元である江戸へ、活躍の場を移したのです。

後藤家は、主に将軍家の三所物(みところもの:目貫[こうがい]、小柄[こづか]のこと)を制作しました。作品には、天地をつかさどる龍と獅子の図柄、その時の権力者が用いていた家紋を意匠に使用。素材は、金無垢の他に金と銅を混ぜ合わせた「赤銅」(しゃくどう)という美しい漆黒の合金が用いられました。

本二所物も、金の含有率が高い良質な赤銅が用いられています。徳川家の家紋である葵の紋と、整然と綺麗に打たれた魚子地(ななこじ:彫金の技法で、金属の表面に小さな粒を一面にきざんだ細工)が見事。桐箱の地板には「尾張大納言」と記されており、徳川御三家のひとつ「尾張徳川家」に伝えられてきた証が残されている大変貴重な一品です。

詳細情報

鑑定区分 特別保存刀装具 推定制作時代 不明
種別 小柄・笄 代表的な
所蔵・伝来
尾張徳川家伝来 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「目貫・小柄・笄・縁頭写真/画像」の「二所物 無銘(後藤)尾張徳川家伝来 小柄・笄」の詳細ページでは、二所物 無銘(後藤)尾張徳川家伝来 小柄・笄の写真・画像や鑑定区分、種別を確認できます。写真・画像はクリックで拡大することも可能です。実用性だけでなく、装飾性も高い二所物 無銘(後藤)尾張徳川家伝来 小柄・笄の美しさをぜひご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード