きんなしじあおいからくさもんまきえ なぎなたさや

金梨子地葵唐草紋蒔絵 薙刀鞘

金梨子地葵唐草紋蒔絵 薙刀鞘

は、徳川将軍家伝来の重要刀剣「薙刀 銘 越中守藤原正俊 寛永四年二月吉日」に附属する拵です。この薙刀の制作者「越中守藤原正俊」は、美濃伝名工。大乱れ刃文いた覇気のある薙刀を優しく包み込む、優美な金具と金梨子地蒔絵技法が見事です。

拵の全体に、徳川将軍家ゆかりの「徳川葵紋」と華やかな「唐草紋」が散らし描かれていて上品。

将軍家へのお輿入れの際に、お嫁入り道具として制作されたことが窺える1口です。

詳細情報

鑑定区分
-
拵種別
薙刀拵

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「金梨子地葵唐草紋蒔絵 薙刀鞘」の詳細ページでは、金梨子地葵唐草紋蒔絵 薙刀鞘の写真や鑑定区分、拵種別を確認できます。
刀身も含めた拵では、対応する刀剣・日本刀の詳細ページに移動することが可能です。武具だけではない、装飾の美しさが持つ芸術的価値をご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード